自分の持ち物を最適化する

自分の荷物を最適化する アイキャッチ画像 豊かに穏やかに生きる
AD




断捨離について書くときに「物を捨てる」と書くことが憚られると感じた。
「物を捨てる」と書いてから、「物を手放す」と書き直すことがしばしば。

「手放す」と書いて、気付いたことがある。
手放すということは、つまり自分の手に持っていた、ということだ。
自分の持ち物を手放しているので、当たり前だけれども、つまり自分の持ち物が多いということは、背負っている荷物が重いということなのではと思った。

たくさんの重い荷物を背負い込んでいる人と、軽い荷物を持っている人とでは、行動の幅が変わる。
荷物が軽い人の方が、自由度も高い。

自分の持ち物の多さは、自分を不自由にすることかもしれない。

もちろん、大好きな物がたくさん持っていることは、自分にとってこれほど幸せなことはない。
ただ持っている物が大好きな物ではなく、なんとなく手放せない、なんとなくこの先必要かもしれない、と思って持っているものだと、それはあまり心が喜ぶことではないと思う。

物を買うのは簡単だけれども、手放すのは大変。

長くたくさん背負い込んだ荷物を、できる限り、自分が心から喜べる荷物へと最適化していきたい。

タイトルとURLをコピーしました